明太子 かばた

昆布と真子を合わせて漬物貯蔵製法で作られた美味しい辛子めんたいが!

今や辛子明太子は福岡県を代表する名産物の1つとして数えられており、福岡県内には多くのメーカーが見られます。

 

 

その中で、北九州市周辺で高いシェアを誇るメーカーで、最近注目を集めているのが「かば田食品」です。

 

 

このメーカーは北九州市八幡西区に本社を置き、創業開始は大正10年にまでさかのぼります。

 

 

元々は漬物の製造と販売を行っていた経緯を持っているため、明太子にも昆布漬けの味が施されています。

 

 

一般的な辛子明太子はとうがらしで漬け込みますが、かば田の商品は昆布だしの旨みを存分に楽しむことができます。

 

 

かば田の辛子明太子は、素材にとことんこだわっている点が最大の特徴です。特に原卵選びには非常に力を入れており、北の海で取れた厳選素材を選びに選び抜きます。

 

 

また、使用する卵巣は真子や目付という最高の状態にこだわります。

 

 

こうした努力の結果、たらこの粒のプチプチした食感を楽しむことができると評判を集めています。

 

 

また、昆布選びにもこだわりがあり、北海道産の肉厚昆布から取れた濃厚のだしに漬けることで、味に深みとまろやかさが加わります。

 

 

さらに、品質管理の面では仕入れ、製造、販売の全ての工程を自社で行うことが徹底されています。

 

 

辛子明太子は非常にデリケートな食品ですから、衛生面にも細かな気配りが必要です。そこで、辛子明太子の専門メーカーならではの特徴を活かし、厳しく目の行き届いた衛生管理体制が整えられています。

 

 

現在では、九州地方を中心に49店舗の直営店がありますが、全店舗で厳しい商品管理が行われています。

 

 

さて、かば田の辛子明太子は、店舗から直接購入する方法とインターネット上の通販サイトから購入する方法の2つが準備されています。

 

 

店舗購入では、無着色辛子めんたい(きれ子)を格安で購入できるキャンペーンが実施する店舗も見られます。

 

 

ちなみにきれ子とは、製造過程で形が壊れたり、皮が破れてしまった訳あり商品です。

 

 

しかし、品質や味は正規品と全く同じですから、試しに食べてみたいという方にもおすすめです。

 

 

一方、インターネット購入では、全国の人々が自宅にいながら高級辛子明太子を手に入れることができます。

 

 

最近では、テレビ番組にも積極的にかば田の辛子明太子が取り上げられています。したがって、記念日などの贈答品としても喜ばれることは間違いありません。

 

 

さらに、ごはんの友として、お酒のつまみとしても相応しい商品ですから、ちょっとした自分のご褒美にも購入することをおすすめします。

 

旨味が効いた仕込みづゆと漬け込み技術で生まれた美味しい昆布漬け辛子めんたいが!

「かば田」は昭和37年創業の、明太子専門店です。現社長の祖父が経営していた漬物製造卸売業・椛田商店から独立し、個人商店を立ち上げました。

 

 

現在は、福岡県内に約40店舗、近隣県に8店舗、関東に2店舗、大阪に1店舗を展開しています。本社は福岡県北九州市です。

 

 

九州地区で放送されている明太子が歌うCMや、そのCMソング、「味にてん、心にまる」というキャッチコピーは、九州の人間であれば、誰しも馴染みのあるものです。

 

 

日本語を分かりやすくするために欠かせない「、」と「。」に、かば田は、食事の始まりと終わりを幸せいっぱいに結ぶ、日常の大切なお付き合いに一区切り付ける、より美味しくより安全な食品を提供していくけじめ、という思いを込めて、このキャッチコピーを掲げています。

 

 

また、かばたは仕入れから製造、販売まで一貫して自社で行っています。大正10年に漬物店としてスタートし、その技法は現在にも受け継がれています。

 

 

プロの目で厳選した新鮮なスケソウダラのたらこと、北海道産の肉厚昆布を使い、材料を層にして丁寧に漬け込んでいく漬け込み方法と、昆布の旨味を材料に染み込ませて隠し味にすること、いずれも漬物店ならではの技術です。

 

 

こうして現在にも伝わる昆布漬け辛子明太子は、特筆するまでもなくかば田の看板商品ですが、おすすめ品はそればかりではありません。国産の海産物や海産珍味、九州の美味しいものを多数取り揃えています。

 

 

これからの季節におすすめなのが、鰻の蒲焼セットや、ちりめん山椒です。

 

 

暑い夏を乗り越えるためのスタミナをつけるにはピッタリで、お中元にも喜ばれます。

 

 

更に、混ぜご飯の素、辛子高菜、カリカリ梅、キムチ、なら漬け、もろみ茄子、大根の漬物などのご飯のお供も多く、漬物店の面影を、今に残しています。

 

 

新しいところでは、当社と同じく北九州市出身の、お笑いトリオ・ロバートの馬場ちゃんがプロデュースした商品が話題を集め、人気となっています。

 

 

脂ののった国産のイワシ、マグロ、サバをぬか味噌でじっくり炊いたもので、いずれも骨まで柔らかく仕上がっています。

 

 

そしてかば田では、味や技法だけでなく、衛生面のチェックも専門店だからこそ目が届く厳しさで行っています。

 

 

食を取り巻く環境が大きく変化している昨今、変わらず愛され続ける味、安心してお客様に召し上がっていただける味を届けることを使命とし、手間と時間を惜しまず製造に取り組んでいます。

 




>>かば田 公式オンラインショップはこちら<<